医療法人 山本記念会 山本病院

交通アクセスHOME

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

院長あいさつ

院長あいさつ

 山本病院は、別府駅から徒歩10分という精神科病院としてはめずらしく、市の中心部にある病院です。

 この立地条件を利用して、地域に密着しながら治療・社会復帰訓練を受けられるよう医師をはじめとして、専門職種のスタッフがチームを組んで、受け入れ態勢を整えております。

 また昨今、時代の変化に伴い、従来の精神疾患とは異なり、普通に社会生活を送ってきたにもかかわらず、自分に自信がなくなったり、外に出られなくなったりなどの症状を訴えて受診される方が増えてきています。

 このような方々に対して、当病院では一人ひとりが抱えている問題を含めて、患者さまときちんと向かい合い、個別性を重視して、きめ細やかな治療を行うようにしています。

 ひとりで抱え込まないで、一歩踏み出す勇気を持ってください。

院長 山本 隆正

医療方針

(1)薬物療法中心の医療から患者理解へ

 当院では、患者さまの背景を理解して社会生活が支障なく行えることに焦点を当て治療を行うように努めています。診断や薬物療法のみにこだわったマニュアル的な医療ではなく、個別性を重視し、それぞれの患者さまに対して適した治療プログラムを選択するオーダーメイド医療を目指しています。

(2)医師中心の医療からチーム医療へ

 薬物療法以上に、リハビリや精神療法、ケースワークに重点を置き、従来の医師中心の医療ではなく、多職種の協力によるチーム医療を推し進めています。医師、看護師以外にも、薬剤師、作業療法士、臨床心理士、精神保健福祉士など、コメディカルスタッフも充実しています。デイケアや入院治療では主治医以外に、受け持ちとなる看護師や作業療法士などの多職種の担当スタッフが付き、連携をとりながら治療を進めていきます。

(3)入院医療から外来医療へ

 従来の精神科病院からイメージされる閉鎖的な医療から、社会生活を継続しながら治療が受けられる外来治療に重点を置いた医療を目指しています。その中核を担っているのが社会復帰部門(デイケア・訪問看護)であり、通常の外来診療以外に、多くの患者さまが真の社会復帰を目標に通院しておられます。

デイケア棟